お姫様と私 -Wの悲劇-

通信制JKお姫様とQeeenの日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

膨大な提出物

同じ学校の新1年生のお母様のページで提出物についての疑問がありました。
コメントで書かこうかと思いましたが、長文になりそうだし、私も書き留めて
おきたいのでこちらにエントリー。

お姫様の学校、提出物は確かに多いと思います。
更に各種小テストの点数によってやり直しを提出します。
(点数によってやり直し枚数も変わってきます)
成績は中間・期末テストの点数だけでなく提出物の提出状況や内容も勘案されて
つけて頂けます。
テストの点数が悪くても提出物の加点で呼び出し(=赤点)を免れることができるのです。

ところがお姫様、1年生時、中々提出物を出せませんでした。
出しても期限を守れないと0点になるのに、できているのに出していないことも多く
私の悩みの種でした。
一度など悩みあぐねて私の手で提出した物もあるのです。

結局、1年生の終わりに一番苦手な教科の提出物が冬休み以降でていないことが
判明してテストの点数は足りているのに親(私)が呼び出し・・・・
自分より成績の悪かった友人の姿が見えず私を恥ずかしい席に連ねた事がかなり
堪えたようです。

以来、彼女は変わりました。
担任の先生の提出物チェックが細かいのもあるのですが、今のところ順調に
日々の提出物をこなしているようです。
更に小テストも苦手の理数系はともかく国語や英語のテストはテスト前に勉強
して再提出がないように心がけているようです。
国語の漢字や単語テストはずっと満点なので大したものです。
テスト前にやるかテスト後にやるかの違いだという事がやっと解ったようなのです。

さて、膨大な提出物を全て把握できるかという問いが件のページにありました。
去年の娘のクラスの感じだと8割以上ちゃんとやっている感じでした。
まあ、実質なぜかできてしまった学年TOPクラスっだったというのはありましたが。
親には把握できません。
教科書や副読本だけならどうにかなるやもしれませんが、あの膨大なプリント類が
足りているか足りていないかなんて絶対にわかりません。
私は鞄をゴソゴソしてまだまだ口を出してしまいますが、もう中学生なのですから
本人に任せるべきなのでしょう。
今は変わろうとしている彼女の腰を折らないように少しだけ過保護な母でいようと
思っています。

しかし、先日の保護者会で高校への提出書類は期日厳守になるので、
期日を必ず守る事をご家庭でも指導して下さいとのお話がありました。
なので私の干渉も今学期までと思っています。

キメ細かい指導をして頂ける先生方に感謝するとともに
お姫様には膨大な提出物の連続は将来の為のプラクティスだと考えて頑張って
欲しいと思っています。

Comment[この記事へのコメント]

なるほど~ 

キューさま。
ありがとうございます!
うちは口酸っぱく
「出さないと損するよ~これも全部点数ですよ~
 損する女でいいんかい?!」
と言っています。
今のところまじめにやっているようですが提出するタイミングも
逃しているそうです・・・
  • geru 
  • URL 
  • at 2009.05.21 05:14 
  • [編集]

Re: なるほど~ 

レスのオープンが遅れていたので書き直し

お嬢様、がんばっていらっしゃるではないですがか
一歩一歩前に進めていけたらいいですね。
  • Qeeen(キュー) 
  • URL 
  • at 2009.05.24 16:16 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Qeeen(キュー)

Author:Qeeen(キュー)
Qeeenのブログへようこそ☆
中学受験を経て私立の女子中に通っていた灰かぶりお姫様の観察日記
今は通信制定時制高校で頑張っています。
これからもよろしくお願いします。


ブログランキングに参加しています。応援して下さい。*ポチしていただけると嬉しいです。
中学受験時代からブログ村に参加しています。




blog people に新規参加しました。

私を登録 by BlogPeople

尚、プロフィール画像は古い友人に作成していただいた
ものです。
お持ち帰り厳禁なのでよろしくお願いします。

Qeeenなのはキューと主人に呼ばれているのと、女王様にかけてあります。


最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。